副業を始めたいけれどもどういったものから手を付ければよいのかという方に

本職のお給料を上げるより副業からお金を得ようとする今の働き手

  • HOME »
  • 本職のお給料を上げるより副業からお金を得ようとする今の働き手

定職に就いて毎月お給料をもらっていれば安定した暮らしを維持することができる、そう安心できていたのは一昔前までで、不況の昨今せっかく就職した企業がいつまで業績を維持できるのか不安視している働き手は少なくなく、お給料が下がってしまう可能性も下手をすると企業自体倒産でなくなってしまう可能性も危惧しているかたは多いものです

少しでも生活を豊かにしたいからとより収入を増やしたいと考えるかたはたくさんいますが、自身がお給料をもらっている企業に対して賃金値上げを求めるのではなく、いざその職場に何かあったときのために別の手段でお金の稼ぎ先を確保しておきたいと、副業をしているサラリーマンやOLが実はかなりいます。

歳を重ねていくと子どもや親のこと、他にも健康的な問題で何かとお金がかかってくるものですし、20代のうちから副業と両立して不安に感じている本職のお給料を補おうとしているかたは多いのです。

副業といっても、日中本職で働いて夜はまた別のアルバイトをして長時間の労働時間をするといった具合に身体を壊してしまう危険性があっては意味がありません。そうした働きかたをしているかたもいますが、インターネットの普及によって家にいながら稼ぐことができる方法が数多くあるため、体力的なことも考えて在宅副業を行っているケースが少なくありません。たとえば無料で登録できるクラウドソーシングサービスの会員になると、簡単なデータ入力や文章を入力することで報酬を得ることができる仕事を探すことができます。

一つあたりの単価はそれほど高くありませんが、クライアントから依頼が来るようになれば収入も安定してきますし、月に3万円以上稼ぐことはそれほど難しいことではありません。また、アフィリエイトを成功させて月々一定の金額を手にしているかたも珍しくありませんし、ネットオークションを利用して不用品を売ったり、転売をしてお小遣い稼ぎをしているかたもいて、収入を得る方法は多種多様です。

本職以外に何かしら収入を得られれば、いざというときに急に困った事態になりづらいという安心感もあります。

もちろん、副業で経費を引いた20万円以上の所得があれば確定申告を忘れてはいけません。昨今の企業は副業に関してかなり寛容になっているので発覚してても問題ないというケースも多いでしょうが、内緒で行っている場合には住民税を給料から天引きする形ではなく、自身で納めるように手続きを行って対策をしておくようにしてください。

PAGETOP
Copyright ©初心者の方にお勧めの副業 All Rights Reserved.